営業職では営業先でプレゼンテーションをすることがあります。

身近なIT機器のパソコンの種類
身近なIT機器のパソコンの種類

タブレットのIT機器でプレゼンをする

営業職では営業先でプレゼンテーションをすることがあります。個別のプレゼンの場合もあれば、一定人数の前で行うこともあります。個別のときは自分の話術と書類などを用いて行っていました。場合によっては手書きなどをして行うこともありました。一定人数の前ではパソコンとプロジェクターを使う方法があります。パソコンのプレゼンソフトを展開しながら話をしていくことで話術があまり得意でない人も行うことができます。

営業職などがプレゼンをするときにIT機器のタブレットを利用するケースが増えています。これまで書類を使ったり紙とペンを使っていた部分をタブレットで代用します。資料などを予めタブレットに保存しておき、それを元に話をしていけます。個別の話をするときにはタブレットに直接書き込みを入れたり、お客さんにタップしてもらうこともできます。

タブレットはパソコンのようにも使えるので、それまでパソコンとプロジェクターで行っていた大人数向けのプレゼンも行えます。誰でも何もできない状態からスムーズに使えるわけではないですが、その便利さがわかれば多くの担当者もやってみたいと考えるでしょう。プレゼンデータを共有化すれば、他の人の資料を借りてプレゼンすることもできます。

A