IT機器であるパソコンは日進月歩で進化する傾向にありますが、それに比例して、移り変わった規格なども多々あります。

身近なIT機器のパソコンの種類
身近なIT機器のパソコンの種類

IT機器の分野における移り変わり

IT機器であるパソコンは日進月歩で進化する傾向にありますが、それに比例して、移り変わった規格なども多々あります。例えば以前のパソコンでは、5インチのフロッピーディスクドライブが当たり前のように装備されておりましたが、それが3.5インチのフロッピーディスクドライブに移り、そして現在ではフロッピーディスクドライブ自体が、多くのパソコンから消え去っています。但し以前でありましても、書き込み型のCDドライブやUSBメモリーなどの普及により、フロッピーディスクの必要性が既に薄れた傾向はありました。

しかしOSの起動障害や、その回復作業用のブートディスクとして用いられるなど、幾つかの活用方法が残されていたのも事実です。ところが現在ではそれもCDやUSBメモリーで担えるようになっています。また、データの持ち運びでもUSBメモリーをはじめとしたフラッシュメモリーが役割りを担っていますので、フロッピーディスクというメディアは、IT機器の分野から次第にその姿を消しました。そして現在ではクラウドコンピューティングが普及している為、ネット環境がありますと、データを持ち運ぶ場合でもフラッシュメモリーなどが不要になっています。

A