IT機器では処理速度も非常に重要ですから、その速度が速ければ、操作性などの使い勝手も向上することになります。

身近なIT機器のパソコンの種類
身近なIT機器のパソコンの種類

IT機器で高速化するファイルへのアクセス速度

IT機器では処理速度も非常に重要ですから、その速度が速ければ、操作性などの使い勝手も向上することになります。特にパソコンなど、絶えずファイルにアクセスするIT機器の場合では、ファイルへの迅速なアクセス能力も大切になります。そこでパソコンのハードディスクの分野では、パラレル方式から一段と高速なアクセスができるシリアル方式で接続されるようになり、現在ではハードディスクその物がフラッシュメモリーを搭載するSSDに進化を遂げるなど、ファイルへのアクセスが更に高速化されています。

一方、それと同時にRAIDというアプローチからでも、ファイルへの俊敏なアクセスが可能になっています。それを実現するRAIDレベルがRAID0です。このシステムを構成する場合では、ハードディスクドライブなどのストレージを二台以上用意します。基本的に同一容量の物を準備することが推奨されていますが、このシステムではそれら複数のストレージを、一つのストレージとして取り扱うことができます。そしてファイルを記録する場合では、記録ファイルを分解し、各ストレージに小分けして記録することになります。その為RAID0を構成するストレージの数が増えるほど、ファイルへのアクセス速度が高速になります。