パソコンを利用するときはOSが必要になります。

身近なIT機器のパソコンの種類
身近なIT機器のパソコンの種類

タブレットのIT機器はOSも様々

パソコンを利用するときはOSが必要になります。購入したときにインストールされていることが多くあまり意識することはありません。身近な商品としては携帯電話にもOSが入っています。通信会社や各端末メーカーなどが独自に開発している場合があります。パソコンに次いでOSを意識するのはスマートフォンでしょう。現在は2つのメーカーのOSが主流になっています。パソコンのものとは異なるので、パソコンとスマートフォンで互換性がない場合があります。

パソコンとスマートフォンの中間的なIT機器がタブレットになるかもしれません。ノートパソコンのような大きさのディスプレイを持ちながら操作方法はスマートフォンと同じようになっています。ではOSはどのようになっているかですが、当初はスマートフォンのOSが用いられることが多かったです。スマートフォンの大型版としての利用がされていました。

一方最近はパソコンでよく利用されているOSが入っているものが登場しています。このタイプだとキーボードを接続すればノートパソコンのように使えます。OSがパソコンのものと同じなのでパソコンとの互換性が非常に良いのがいいところです。ソフトなども共通のものを使えます。

A